前へ
次へ

労働相談になり得る事例とはどのようなものか

労働相談といえば、市町村で行っている場合もあれば、民間の会社が行っていることもあります。
法律事務所では、労働相談を受け付けていることも少なくありません。
このようなところにお願いすることで、より妥当な結論を手に入れることができて、結果的に悩みの解決につながることもあるでしょう。
そもそも、どのような相談内容が多いのでしょうか。
よくあるパターンとしては、人間関係がうまくいかずあつれきが生じている場合です。
例えば、必ず職場に一人はいる仕事の遅い人がこれにあたります。
仕事の早い人からみれば、なんでこの人は仕事がこんなに遅いのだろうといらいらしてしまうこともあり得ます。
本人としては、それが普通のつもりなのに、仕事の早い人からすれば適当にやっているあるいはいい加減にやっていると思いがちです。
このような場合、たいてい仕事の遅い人は弱い立場にあり仕事の早い人に言いくるめられてしまいます。
結果的にストレスを抱えて、労働相談の窓口に飛び込むことになるでしょう。

Page Top