前へ
次へ

伝えられた条件との違いがある時の労働相談

会社で採用される時には、たいてい労働に関する条件が通知されます。
給与や職場環境や福利厚生など、労働者には色々な点が明示される訳です。
ところが一旦は条件が提示されても、実際の労働条件は少々異なるケースもあります。
例えば福利厚生に関する相違です。
採用される際には、福利厚生は特に問題ないと思ったものの、実際には何らかの問題が生じているケースもあります。
つまり提示された労働条件と異なっているケースも、たまにある訳です。
社会保険などが適用されないと、労働者としては大変困ります。
その場合、労働相談の窓口に問い合わせてみるのも悪くありません。
市区町村などでは、労働者からの色々な相談を受け付けていて、労働条件もその1つです。
採用される時の労働条件と異なっていた時は、何らかの働きかけを行ってくれる事があります。
それで労働条件が改善されて、本人としても満足できる状態になるケースも少なくありません。
万が一労働条件との相違があるなら、労働相談も検討してみる方が良いでしょう。

Page Top