前へ
次へ

痴漢に関する労働相談は弁護士に相談

痴漢をしてしまった場合には逮捕され、出社できなくなることもあり、労働できなくなってしまう可能性が出てきます。
そのため、痴漢をした逮捕された場合にも、労働相談の一種だといえ弁護士相談するのがいいでしょう。
起訴されると、ほぼ有罪になります。
しかし、弁護士が動き被害者と示談をすることにより起訴される確率を下げることが可能です。
この際に、加害者の家族が対応してしまうと、被害者を怒らせる可能性もあります。
示談をする場合には示談金を被害者に対して支払うことになりますが、金額の判断が素人にはできません。
不適切な示談金を提示してしまうと、これまた、被害者を怒らせる原因になります。
弁護士は、過去の類似の数多くの判例により適切な示談金を理解していますよ。
そのため、示談しやすくなります。
示談金は、迷惑防止条例に違反が問われている事件の場合は30から50万円、強制わいせつ罪に該当する場合は60から100万円程度です。
痴漢で逮捕された際の労働相談を弁護士にすると、一般的では無い示談金を支払わなくて済みます。

Page Top