前へ
次へ

残業に関して労働相談してみる

一般企業では、たまに残業が発生する事もあります。
労働時間が若干長引いた時には、割増料金が支払われるケースが多いです。
基本的には時給計算になり、通常時給に1.25を乗じた分の給料が支払われます。
普段は時給1000円の仕事で働いているなら、残業した時は1250円になる訳です。
ところが、企業によってはたまにトラブルが発生しています。
というのも企業は、必ずしも残業代を支払っているとは限りません。
企業側の都合があって、なかなか支払えないケースもあるからです。
ただ働いている本人からすると、それでは少々納得できないケースもあります。
その場合、労働相談という方法も検討してみると良いでしょう。
一部の機関では労働相談のサービスも提供していて、上記のような残業に関するトラブルも相談できます。
給料が正常に支払われていない時でも、試しに相談すると問題が解決するケースも意外と多いです。
給料に関する悩みがある時は、遠慮なく相談してみると良いでしょう。

Page Top